大切な主人

大切な主人

今から 35年前
主人を亡くし 苦しい悲しい毎日を乗り越え 今があります。

岐阜羽島 竹鼻中学 同級生の主人

高校を卒業し
偶然 竹鼻の町で 夜バイトの帰りに会いました。

主人は 仕事 遅番の帰りだと…またまた 偶然にも 19才でありながらも 自転車同士町出会い
意気投合し
今から 自宅に戻り🚗を取りに行ってくるから 自宅で待っていて と 言われ
夜中12時ごろから 会い
付き合いが始まったんです。

3年付き合い 結婚

駆け落ちし 二人で アパートに … ほんと 普通の暮らしではなく 喧嘩ばかりの毎日でした。

いろいろあり 今は主人が居ませんが まさか このような カラオケ喫茶を 経営するとは思っていなくて

これも 亡き主人が いつも 見守ってくれてるからと
頑張れる源になり
今回 八周年 歌謡祭も
決断する一つの理由です。

あと 歌謡祭まで 1週間 前に進みます。

皆様の来場
無料です。
お待ちしています。











ママ